Entertainment show 終了。お次は4/14〜です!

あっという間に、我が母校、桐朋短大演劇科の
50周年記念公演が終了致しました。

素敵なアレンジメントフラワーをくださいました
株式会社 物流産業新聞社 様

大きくて綺麗なお花。
ロビーが華やかになり、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました!!

普段私が活動している場所では共演できないゲストの皆様や、この公演だからこそ共演できた大好きな先輩や後輩たちと出会えて、とっても幸せでした!

お客様をはじめ、関わった全ての皆様に感謝致します。
思い出写真はまた後日アップします♡

さぁ!休む間も無くお次の稽古開始です!
先日初の顔合わせ&読み合わせ。

読み合わせの時点で面白すぎて、
稽古後のお酒が進んじゃって進んじゃって
それはそれは大変でした。

相馬杜宇(あいばもりたか)さん主宰、
演劇ユニット”どうかとおもう” のプロデュース公演で、
その相馬さんがお書きになった
〈テアトロ新人戯曲賞最終ノミネート作品〉
を上演することになったのです!

劇団劇作家の公演では劇場賞を受賞したこの作品。
今を考えさせられる内容。と言っても重たいものではなく、心にスッと入って来る、本当に素晴らしい作品。
心が揺れる、約1時間の傑作です。

「父と暮せば」の世界を創り出してくださった増澤ノゾム氏による演出で、この傑作を、大のおとなたちが、
下北沢駅前にある30人しか入らないギャラリースペースで、本気で芝居します。
どんな空間になるか、気になるでしょ。
面白そうでしょ。面白いんです。
その夜の、酒の肴にいかがでしょうか。必見です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テアトロ新人戯曲賞最終ノミネート作品
『在り処(ありか)』
作= 相馬杜宇 / 演出= 増澤ノゾム

◆あらすじ
誰もいないと空き巣に入ってみたら、コタツの中から老婆が…。万事休すのその瞬間「おお、お帰り」の挨拶ひとつ。泥棒を息子と勘違いしている老婆と、息子に間違われた泥棒の奇妙な疑似親子のやりとりがはじまる。
通帳を探し出そうと必死になる泥棒。 久しぶりに帰ってきた息子として男をもてなす老婆。そこへ、福祉に燃えるボランティア大学生は尋ねてくるし、息子を名乗る電話はかかってくるし…。
果たして通帳は見つかるのか?そして二人は…?

◆出演者◆
剣持直明〈劇団だるま座〉
清水大将
松村沙瑛子*〈サクリファイス〉
小笠原游大*
(*…ダブルキャスト)

◆日時◆
2017年4月14日(金)~18日(火)
14日(金) 19:30☆
15日(土) 13:00★ / 19:30☆
16日(日) 12:00★ / 15:00☆ / 18:00★
17日(月) 14:00☆ / 19:30★
18日(火) 14:00☆ / 19:30★
開場は開演の30分前
(★…小笠原游大 ☆…松村沙瑛子が出演)

◆会場◆
下北沢ギャラリースターダスト
東京都世田谷区北沢2-19-10 下北沢ビル3階
(下北沢南口徒歩10秒
回転寿司が入っているビルの3階)

◆料金◆
全席自由 2000円(前売・当日)

◆ご予約◆
https://www.quartet-online.net/ticket/arika?m=0bbjffj
上記フォーム、または松村に直接ご連絡を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です