映画「母と暮せば」

山田洋次監督の「母と暮せば」を観てきました。

image

客席は満席。やっぱり注目度凄い。

監督だからこその、懐かしく温かい作品でした。

今年は8月にわたし主宰の公演「父と暮せば」で1948年の広島。11月に桐朋学園50周年事業の「ミュージカル若草物語」で1945年の広島と、戦後・戦時下のお話に続けて出演したのもあって、いろんな思いで映画を拝見しました。

やっぱり、心が温まる人間味のある作品っていいなぁ。

井上ひさしさんの「父と暮せば」をまだ読んでいない方、本屋さん行ってね。2時間かからず読みきれる素晴らしい作品です。

わたしもまた再演するぞ。nu-ta公演、実現させるぞ。

imageimage